わたしたちにできること

気になっているのらねこがいて、なんとかしたい。でも、どうしたらいいのかがわからない…。そんな方のお手伝いが、ほんの少しですができればと考えています。
現在、里親会(譲渡会)を毎月開催して、飼い主のいない猫と保護されている方のサポートをさせていただいています。

おおさかねこネットは、2013年8月にNPO法人になりました。
「NPO法人おおさかねこネット」公式HP
           ↑
★公式HPのトップ画面から里親会の告知チラシをダウンロードできます。 ★賛助会員さま募集中。詳しくは公式HPをご覧ください。
里親会に猫を参加させたい方へ①里親会に猫を参加させたい方へ②
猫の譲渡を希望されている方へ①タイミング②二匹目以降
★事務局電話:070-5260-1481(午後12時から午後8時まで)
※当方は猫の引き取りはしておりません。また、一時預かりもしておりません。
保護・捕獲のお手伝いは多くの場合できかねますが、アドバイスはさせていただいています。

Homeペットを守るために>ペットに資産を残すには

ペットに資産を残すには

2014.05.16 Fri

ペットを守るために」シリーズ 2
ペットに資産を残し、最後までお世話をしてもらうために

ペットを安心して人に託せるために今から準備できることについて、弁護士の先生からお話を伺いました。


●1 資産を残し、ペットのお世話を託すには法的にどんな方法がありますか?

遺言書を作ることをおすすめします。
たとえば、「誰々に、(住所地)で飼育中の黒猫雄1匹(10歳・個体名クロ)が天寿を全うするまで適切な世話を継続することを条件として、(預金・不動産等)を遺贈する」などです。
このようにペットの世話を条件として遺産を渡すことを負担付き遺贈、といいます。


●2 どんな人(親族以外)にでも資産とペットを託せるのですか?

可能です。
ですが、親族からその人に権利(遺留分といいます)が主張される危険があったり、相続税がかかる場合もありますので、遺言書を作る前に、弁護士、税理士などの専門家に相談することをお勧めします。


●3 託した方が、きちんと守ってくださるかどうかが気になりますが…。

負担付き遺贈は、相手の意思で放棄することができます。
逆に条件を守らなくても遺贈は有効です。完全な安心を得ることは無理ですが、遺言書と別に相手と死因贈与契約を書面で作っておくなどの方法で安心感を増すことは考えられます。


●4 ご相談にあたって、どんなことを調べたり決めたりする必要がありますか?

資料としては、資産リスト、親族関係図を、メモ程度で結構ですのでお作りいただくと、スムーズです。
不動産登記簿謄本、固定資産税評価証明書、預金通帳、戸籍謄本などは、あればベターです。
遺言書を作る場合、ペットのことだけでなく、遺産全体をどうするかを考えておいていただく必要があります。完全に決まってなくても相談に来てもらって大丈夫ですが、ご本人の希望が全くかたまっていないと、ご相談いただいてもお役にたてない場合もあります。おおまかには考えておいて下さい。


●5 託す資産の最低金額などはあるのでしょうか?また資産の何割程度まで託すことができますか?
   また、一頭につき、いくらぐらいが適当な金額でしょうか。


託された人は、遺贈額の範囲でだけ義務を負えばいいことになりますので、渡す金額は、最低必要なフード・砂などの費用や平均的な必要医療費の合計額は下回らないようにしないと、ペットが、必要なケアが受けられないことになりかねません。ペットの年齢から、平均余命年数を考え、必要経費を算定する必要があります。
資産のうち、多い割合を渡すことにすると、親族(法定相続人)の意向によって、遺言書よりも減らされてしまう危険性(遺留分減殺)があったり、相続税がかかったりします。ケースバイケースですのでご相談された方がよいです。


●6 ご相談や手続きの費用はどれぐらいになりますか?
   気軽に相談のできる窓口などはありますか。


ペットに関する専門の相談窓口というわけではありませんが、大阪弁護士会は、平日13時から16時までは遺言相続についての20分間の電話無料相談を受けています(06−6364−1205)。※相談料無料、電話代のみ負担。
高齢や障がいで、相談に行くことができない方のための電話相談(無料)にも応じています(火水金の13時から16時まで、06−6364−1251)。※相談料無料、電話代のみ負担。

弁護士会での面談での相談は、30分5千円(消費税別・1時間まで延長可)です(要予約0570-0783-02 )。有料ですが、資料に目を通してもらった上でのアドバイスが得られます。
http://www.osakaben.or.jp/index.php

市役所等での無料法律相談もあります(時間制限あり、各市役所等にお問い合わせ下さい)。(大阪市各区役所での法律相談http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000004823.html
収入が少ない方は、法テラス大阪で無料相談を受けていますのでお問い合わせ下さい(0503383−5425)。

大阪弁護士会などのウェブサイトで弁護士を検索したり、広告等で調べて直接弁護士に連絡をとって予約をして相談することもできます。相談料金はそれぞれです。

遺言書作成や、遺言執行を依頼する場合の費用は、遺産額や遺言の中身によって異なります。

弁護士に依頼するかどうかは、費用の見積もりを聞いてから決めることができますので、安心してご相談下さい。
(協力:北本法律事務所 七堂弁護士)


「先のことだから」「いつかしよう」と思っていたのでは、ペットを守ることができません。
まずは、気軽に相談してみましょう。



応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakaneko151.blog11.fc2.com/tb.php/496-2650a194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)